お酒と猫(3)|新橋の酒物語をお届けする、シュヴァーン公式サイト

新橋とお酒にまつわるブログ

2015/2/4:お酒にかかわるコラム

お酒と猫(3)

お酒と猫(3)

3回目の今回は、猫にかかわるスピリッツやブランデーについてお話ししようと思います。

☆オールド・トム・ジン
ジンの一種で、トム・コリンズという古いカクテルのベースに使われます。
基本的な製法は通常のドライ・ジンと全く一緒ですが、1~2%程度の糖分を加えて、甘口に仕上げています。

Old-Tom-Gin-1

この「オールド・トム・ジン」の名前の由来は、ちょっとユニークなその販売方法にありました。
18世紀のロンドンで、下層階級を中心にジンの需要が拡大しました。当時のジンは、粗悪なものも多く、健康を害するものも多く含まれていました。そのため英国政府は、ジン販売の規制を強化します。その規制から逃れるために発明されたのが、道路に面した自宅の壁に取り付けた「浮彫りの黒猫」でした。この「浮彫りの黒猫」は、猫の口に硬貨を入れると、猫の足から甘みを付けて飲みやすくしたジンが、壁の向こう側から出てくるという仕組みで、これが大ヒットします。イギリスでは雄猫を総称して“トム・キャット”呼ぶことから、この甘口のジンを「トム・ジン」と呼ぶようになったようです。画像はボーズ社のオールド・トム・ジンですが、ほとんどのメーカーのオールド・トム・ジンに黒猫の絵が描かれています。

Old-Tom-Gin-2

☆シャ・ノワールとアムール・ド・シャ・ノワール
「シャ・ノワール(Chat Noir)」というコニャックがありました。あまりメジャーなコニャックではありませんが、外箱とラベルに何とも愛くるしい黒猫が描かれているコニャックです。“シャ・ノワール”とはフランス語で「黒猫」という意味です。

Chat-Noir-1

これと対になっているリキュール(前回紹介しなかった)があります。「アムール・ド・シャ・ノワール(Amour de Chat Noir)」です。「シャ・ノワール」の黒猫にたして、こちらは外箱とラベルに愛くるしい白猫が描かれています。“アムール・ド・シャ・ノワール”とはフランス語で「黒猫の恋人」という意味です。黒猫の恋人は白猫なんですね~。リキュールとは言ってもコニャックをベースに甘みをつけて飲みやすくしたブランデーという印象で、女性にもお勧めです。

Amour-de-Chat-Noir-1

この他にも、黒猫が座った樽のワインは美味しいという伝説がある、ドイツはモーゼルのツェル村で作られる「シュバルツ・カッツ=黒猫」と名付けられた畑で造られる甘口白ワイン「ツェラー・シュバルツ・カッツ」をはじめ、ワインやビール、焼酎や日本酒にも猫にちなんだものが数えきれないほどありますが、「Bar Atrium en」「Bar Caelum」には置いてないので、割愛させていただきます。

以上、「お酒と猫」でした。Chat-Noir-2

Page Top