創業200周年記念。テーマは“永久”~アードベッグ・パーペチューム~|新橋の酒物語をお届けする、シュヴァーン公式サイト

新橋とお酒にまつわるブログ

2015/6/17:ニュース

創業200周年記念。テーマは“永久”~アードベッグ・パーペチューム~

去る5月30日、アードベッグ蒸溜所の創業200周年を記念した限定ボトルが発売されました。
Ardbeg Perpetuum(アードベッグ・パーペチューム)です。

Ardbeg-Perptuum-1
「Perpetuum (パーペチューム)」とは、ラテン語で“永久”を意味します。幾度となく操業停止の危機に瀕しながらも、創業時からピート麦芽を用いた製法と強烈な個性を守りぬいてきた歴史と、宇宙ステーションでの実験に代表されるような革新的で独創的な未来を持つアードベッグの姿を祝した1本のようです。
様々な熟成年数の、なめらかな仕上がりを生むバーボン樽熟成の原酒とスパイシーながらもリッチな風味のシェリー樽熟成の原酒で構成されています。

Ardbeg-Perpetuum-3
色は、アードベッグらしい淡い黄金色。香りは、しっかりとしたピート香の中に若い麦の青臭さとレモンピールを思わせる爽やかな柑橘系の香りを感じます。口当たりは全体的にスムーズでクリーミーです。麦芽由来の甘さと焙煎したアーモンドのような香ばしさを感じたあと、徐々にアードベッグらしいピーティーさとスパイシーさとスモーキーさが主張してきます。余韻は長めで、バーボン樽由来のバニラ香やシェリー樽由来の香ばしさも感じられますが、スパイシーさの覇王が最後まで感じられました。

Ardbeg-Perptuum-2
最もアードベッグらしい「Ardbeg TEN(アードベッグ・テン)」に深みのある秀逸な味わいと複雑さを与えた、「Ardbeg Perpetuum(アードベッグ・パーペチューム)」は、未来永劫、“永久”に変わらないであろう「アードベッグ・イズム」を垣間見た感じがしました。

PER-horz
Bar Atrium en、Bar Caelum の両店でお楽しみいただけます。

Page Top